2020年06月05日

花の進みが早い桃岩展望台コース

礼文では例年より少し気温が高めで、花の進みが早まっています。
桃岩展望台コースでは、例年エゾノハクサンイチゲやレブンコザクラが開花のピークを迎える頃なのですが、今年も昨年と同じくピークをやや過ぎています。キンバイの谷(通称)に咲くクロユリはまだ良い状態なのですが、周辺の草に覆われて姿が見えなくなりそうでした。
現在見頃の花はハクサンチドリ、レブンハナシノブ、キジムシロです。
レブンキンバイソウ、ミヤマキンポウゲ、チシマフウロなどが咲き始めていました。そのほか、サクラソウモドキ、イワベンケイ、ミヤマオダマキ、エゾイヌナズナ、レブンソウなども開花中です。(K.M)
0604momo1.JPG
エゾノハクサンイチゲが群生する斜面
0604momo2.JPG
レブンコザクラとキジムシロ
0604momo3.JPG
レブンハナシノブ
0604momo4.JPG
ハクサンチドリ
【日記の最新記事】
posted by 花観隊 at 12:11| Comment(0) | 日記

2020年04月03日

早春の久種湖

久種湖湖面の氷は8割ほど融け、サギやカモの仲間が採餌に訪れるようになりました。
0403kusyuko.JPG
氷が残る久種湖
0403sagi.JPG
湖岸で採餌をするダイサギ

ミズバショウ群生地から久種湖キャンプ場へ続く遊歩道の雪は所々残っていますが、木道部分の雪は消えました。ミズバショウの芽はあちこちで目立ってきて、白い仏炎苞も確認できるようになってきました。ザゼンソウは進みが早く間もなく開花しそうです。このまま進むとミズバショウの見頃は例年よりも早くなるでしょう。
0403mokudo.JPG
ミズバショウ群生地
0403basyo.JPG
ミズバショウの芽
0403zazen.JPG
開花間近のザゼンソウ

(K.M)
posted by 花観隊 at 12:01| Comment(0) | 日記